山田 一夫さん(仮名)

  (住所:神戸市 年齢性別:60才男性 職業:?)


 かみひこうきのスタッフの方々、日夜震災被災者、神戸・阪神地区の方々のために、神経を使っていただきまして、本当に有り難うございます。この仮名でも結構です。いい考えと思います。本名であれば、何か他の事に利用されると思って警戒し、本音が書けません。

 さて、現在の暮らしは正直なところ、大変厳しいものがあります。大阪と神戸で年間100万円の所得の違いがあるとか、新聞で読みました。私もその通りと思います。震災に遭われた神戸・阪神間の皆様には、本当に同情に堪えません。不景気が長引き、大変です。
 私がこの公営住宅に来てから、わずか2年の間に集会所で葬式が20件ぐらいありました。自然災害とはいえ、クヨクヨしていても仕方ありません。私も60歳…あといくつ生きられるやら。棺桶の方が近い年齢ですが、わずかな余生を明るく愉快に、一度しかない人生を楽しく前向きに生きたいものです。しかし、金はなし、物はなし…ないない尽くしで生きようと、毎日小さな心で頑張っています。

 ボランティアの方も来られまして、苦情もいろいろ言いましたが、市、国、県へは届かない。返事がない。結果の報告もない。ふぬけと同じで、何もなし。弱音を聞くだけで、何もメリットなし。こんな事では、ボランティアの本当の値打ちがない。ある小学校で避難していたとき、ご婦人の方が「もうボランティアは来ないで」と言われました。私も本当にそうだと思います。人の困ったときの弱音を聞くだけでは、何の励みにもならなりません。

 今の時代、日本国はテレビ、新聞で報道されている通り、一流企業、政治家、国民…日本沈没とも言われている。ボランティアでも本当の精神がなく、しっかりした指導者がいない。政治においても、国民のモラルが低下している。どうにもならない…。大変な事が起こるかもしれません。
 国民一人当たり500万円の借金、5人家族だと2500万円の借金…福祉関係でも、元気な人が生活保護をもらっているなど、市の職員の許可はデタラメです。神戸市においても、職員の一部はなっていない。国会・県会・市会議員の紹介で採用されている。今の時代、正直者が馬鹿を見る。

 話がそれましたが、ボランティアでも相手の痛みを我が痛みに置き換えて、人様を幸せにしていただきたい。これが私の本心です。
 どうかかみひこうきの皆さん、体に気を付けて、人様の幸福のため努力して下さい。人間として生まれてきて、この心以上のものはない。尊い事です。よろしくお願いします。私も一人になろうとも、頑張ります。
(2000年7月22日)








山田 一夫さんへ届いた『かみひこうき』





山田さんへ『かみひこうき』を送る

手紙の一覧へもどる

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送