光岡 トミさん(仮名)

  (住所:神戸市 年齢性別:93才女性 職業:無職)


 お手紙有難うございました。感謝します。
いつも忘れないでお手紙戴き、一人暮らしの私には何よりの楽しみです。

 あれから20年、私も93歳になり、ポツポツと暮らしております。
ヘルパーさんに世話になり、一週間に一度デイケアに行き、楽しくしております。
 食事も自分で作り、風呂も一人で入っており、自分のことは助けてもらいながらも何とか生活しております。

 来客も少なく、さみしいです。又お手紙下さいね。
 お元気にお暮らし下さい。
(2015年3月10日)


 早速お手紙をかみひこうきで世界に飛ばして戴き、有り難うございました。
  東日本の方々も、口では言えない大変な日々を送られて居る事と思います。
 それにつけても、震災の事を思い出し、あの恐ろしかった事、今でも忘れる事が出来ません。

 「1本の牛乳」
 震災の後、恐ろしさと怖さ、住む家も無く、食べる物も無く、家は全壊、くすくすと家が燃えて居る、がれきで足の踏み場も無い、食事も4日飲まず食わずでフラフラ……。
 そんな時、友達がやっている牛乳店の前を通った時、ご主人が家の前に居られました。4,5日水も何も食べていないので、「牛乳1本分けて下さい」と頼むと、「これは家内から売らない様に言われて居るのですが…」と言いながら、奥から1本持って来て下さいました。嬉しくて涙が出そうでした。
 一口二口…胸が一杯になり、涙が出て、唯「ありがとうございます」と頭を下げるしかありませんでした。

あのおいしかった牛乳。今でも忘れる事はありません。本当に感謝の言葉もありません。有り難うございました。
 今でも牛乳を見ると、あの時の事が思い出され、ただただ感謝するばかりです。

 思いのままに書きました。乱文乱筆お許し下さい。
 寒さの為、家に引きこもり勝ちですが、何とぼつぼつ生活して居ります。何時も心にかけて戴き、感謝して居ります。どうかお元気にお過ごし下さい。さようなら。
(2012年2月25日)


 早々のお年賀有り難うございました。今年こそ元気に過ごしたいと思います。
 昨年暮れより風邪を引き、年末年始にかけ熱を出し、セキ、クシャミで大変でしたが。少し気分も良くなり、かみひこうきのお手紙嬉しく拝見致しました。何時も忘れる事なく、お手紙戴き有り難うございます。

 日本国内、世界各地で数々の大災害、本当に大変だったと思います。昨年より良い今年で有ります様、祈るばかりです。

 震災より17年、私も89歳になり、ボツボツ一人暮らしで生活して居ります。何かと不自由な所も有りますが、五体満足で、余り人様のお世話にならない様、がんばって居ります。
 生きるという事は、気持ちをしっかり持ち続ける事ですね。
 小学校の給食に、又、給食会と色々楽しい事も有りますが、人生苦しい事の方が多い様に思います。でも絶対負けません。
 最近心臓が悪くなり、少し息が苦しくなりました。でも大丈夫、思いのままお手紙書きました。

 神戸にお見えになりました時は、ぜひお立寄り下さい。お待ちして居ります。楽しみにして居ります。
(2012年1月13日)


 ご無沙汰致しております。
 今日この頃は、大分秋らしい気候になって参りましたね。皆様お元気でお過ごしですか。
 何時も色々とお心遣い戴き、有り難うございます。

 夏の間はすっかり弱り大変でしたが、今日この頃は大分涼しくしのぎやすくなって、体調もぼつぼつ回復してきました。
 毎日雑用に追われ、一日一件するのに一生懸命といった様な状況です。夏以来体調も落ちて、さすが年齢を感じる様になりました。

 詩吟を止めて以来、何の楽しみもなく、だんだん声も出なくなりさみしく思います。お友達も身内もだんだん少なくなりました。
弱気になったら「だめ」。もっと元気を出して、家事でもいい、プランを立てて頑張って生きて行かなければ、と自分で自分を励ましております。

 今日は雨降り。お友達の車で三宮まで連れて行ってもらいました。疲れましたが、楽しかったです。

 神戸に来られる時があれば、是非お立寄り下さい。お待ち致しております。
(2011年10月6日)

 先日は遠路わざわざお出掛け戴き、何のおかまいも出来ず、大変失礼致しました。
 あれから少し食欲も出て来て、今では少しずつでも一日二食食べられるようになり、大分元気になって来ました。

 何ヶ月も笑うこともなく、ピーコ(小鳥)と話しをする位でさみしい毎日でした。娘が週に二、三回、電話をくれる位で、友達も年老いて一人二人と亡くなり、今では来宅する人も、話し相手もなく、体の事を思い、毎日整骨院に行くのを仕事の様にして居ります。
 寒い日、暖かい日と気候の変動も激しく、体がついて行きません。

 奈良県桜井市の方に戴いた貼り絵の作品、大切に飾らしてもらって居ります。お体が少しお悪いようなお話しでしたが、くれぐれもお体お大事になさる様お伝え下さい。貼り絵大切に致します。ありがとうございました。
(2011年6月12日)


 ガタガタガタ……横揺れの地震で目が覚めた。あわてて座る。ゴォーゴォーと無気味な音がする。だんだん近付いてくる縦揺れ、ものすごく揺れる。
 テレビが1メートル位飛びはね、足もとの布団の上に転がり落ちる。寝ていたら足の上に落ちていたと思う。電気をつけようと思うが、電気が無い。上を見ると、星空が見えていた。外では「お父さんが死ぬ!誰か助けて!」と叫ぶ声が聞こえる。怖くて足が立たない。

 夜明けを待ってコワゴワ服を着て廻りを見ると、家具は全部こわれ、電気も落ち、屋根はこわれていて無く、入口も見る影も無く、唯ぼうぜんと放心状態。
 近所のご主人が「大丈夫か大丈夫か!!」。声も出ない。「大丈夫か!!光岡さん、光岡さん、大丈夫か!!」「ハイ…」やっとの思いで返事する。
 外に出ると向かいの二階が地面に落ち、右を向いても左を見ても見る影も無く、全壊。

 皆の後に付いて避難所へ。座る所も無く、寒くてお腹も空いて来る。2,3,4日目に友達から小さなおにぎり一つ戴いた時の嬉しさ、忘れられない思い出です。お弁当の配給、パンの配給、本当に有り難く、おいしく戴き、今でも感謝の気持ちで一杯です。

 皆が次々と落ち着き先に行かれる中、行き先も無く、4カ月も避難所に居り、最後に西神の仮設が当たりました。そんな時、かみひこうきのチラシが入って居 り、何かすくわれた様な気持ちがしてお手紙出しました。それから色々お世話になり、テレビにも二回出して戴き、何かと激励して戴き、元気を戴きました。深 く感謝致します。

 平成22年8月8日で満88歳になりました。22年は甲状腺低下でもうだめだと思いました。秋には肺炎とぜんそく、内臓と病気ばかり。救急車で病院へ行 き、本当に死を覚悟しました。主治医を変えたお陰でいのちが助かりました。23年になり、大分元気を取り戻し、今日お医者さんからもう大丈夫と言われ、嬉 しくてお手紙書いて居ります。色々御心配かけ、申し訳ありませんでした。元気に過ごして居ります。又お手紙戴けたら嬉しく思います。
(2011年1月28日)


 先日はちぎり絵送り下さいまして有難うございました。

 子供の頃母がお雛様をかざり、あま酒やあられ等、お友達、姉様と一緒に楽しく遊んだことを思い出して、なつかしく、早速壁に掛け、毎日うれしく見ております。そのお雛様も家も戦争で焼かれ、今は唯なつかしい思い出だけが残り、淋しく思っておりましたが、何十年ぶりに、家の中にお雛様をかざる事が出来、嬉しいやら、懐かしいやら、感謝の気持ちで一杯でございます。
 何時もちぎり絵をお送り下さり、一枚も捨てずに全部大切にしまってあります。今後とも、よろしくお願い致します。

 体があまり丈夫でない私。最近は甲状腺低下、自律神経等次々と具合が悪く、つくづく80歳という年齢を感じる様になりましたが、一人暮らしでは主婦業はやめられず、ディケア、ヘルパーさんに助けられながらの毎日の生活です。

 時間のある時、神戸に来られた時、又私方にもお寄り下さいね。
 寒さのつづく折柄、無理をせず、御体御自愛下さい。さようなら。
(2003年2月18日)


 残暑御見舞い有り難うございました。楽しい紙スダレ嬉しく戴きました。何時も忘れる事なくお手紙戴き、心嬉しく又気持ちの支えになっております。

 色々の事があり気持ちが傷つき、悩みましたが、今では生きる方向を変え、介護のお世話になっております。週1回デイケアに行き、ヘルパーさんが来てくれます。又電話コール、訪問看護婦、ホクラのお兄さんと皆さん良くして下さり、とても幸せな気持ちに慣れました。

 8月8日お誕生日で80歳になりました。これからは楽しみの詩吟をもっと勉強していきたいと思っております。人には親切に、優しくしていきたいと思います。これからは益々元気に、健康に気を付けていきたいと思っています。

 残暑も厳しい中、十分体を大切にお励み下さい。又お便りお待ちしております。先ずは近況お知らせまで。
(2002年8月17日)


 毎日暑い日が続きますね。一雨欲しいところですが、毎日太陽が照りつけ、いたたまれないような日が続きます。暑中御見舞い有難うございました。
 小さなうちわ、昨年も頂き大事にしておりましたが、今年も送って頂き有難うございました。孫が喜んで持って帰りました。

 先日テレビでかみひこうきが出ていましたので、なつかしく見ました。4月から7月まで何かと忙しい毎日を過ごし、息つく暇もなく過ごしましたが8月に入り、疲れが出たのと暑いのでしばらく静養しておりましたが、もう元気になっております。またがんばります。
 盆踊りがあるので、楽しく踊りに行きたいと思っております。花火も上がるでしょうし、夜店も出るので子供に帰った気持ちで楽しみたいと思っています。

 この頃は相変わらず詩吟を吟じ一人で楽しんでおります。8月はおけいこはお休みです。
(2001年8月10日)


21世紀明けましておめでとうございます
 いつもかみひこうきからお便り戴き、有り難うございます。昨年は私にとってあまりいい年ではなかったので、今年こそは頑張って良い年にしたいと思います。

 震災から早7年を迎えましたが、早いものですね。まだ昨日の様な気がして、強風が吹いて窓や入り口がガタガタ音がすると、又地震と思いおびえます。全国で地震や火山の噴火、水害と次から次へと天災があり、日本の国はどうなるのでしょう?。1日も早く、平和な日が来る様お祈りします。
 昨年下半期から忙しくなった由、無理して体を悪くしないよう、お労り下さい。又、時間のある時、遠い所ですがお出かけ下さい。お待ちしております。
(2001年1月4日)


 お葉書ありがとうございました。6,7,8月と入院して留守にしておりましたので、大変失礼致しました。又、ご心配をかけ申し訳ありません。
 今少し小康状態なので、お盆もあり退院してきましたが、まだ体がしっかりせず、フラフラしております。寝たり起きたり、自分でも歯がゆく思います。早く元気になりたいと思います。

 今年は特別暑いように思いますが、皆様はお元気でございますか。私も日に日に元気になるよう努めますので、又近いうちにお出でください。厳しい暑さの折柄、お体大切になさるよう祈っております。
(2000年8月15日)


 お手紙嬉しく拝見致しました。長い間ご無沙汰して居りましたが、お元気でございますか。
 春や夏に弱い私も今日此の頃は元気一杯東へ西へと走り廻って居ります。一日一日桜も開き、どこへ行っても桜の花又花、気持ちも和む様な気がします。久し振り10日(月曜日)の日には、お友達とお食事会をして、ゆっくりとお花見でもしたいと思って居ります。6月には詩吟の会も有るのでお稽古に又、暫くご無沙汰して居りますが、忙しくなりそうです。だんだん、むずかしくなるので、ひと苦労です。でも、とても楽しく、何もかも忘れて、一心になれるのが、幸いと思っております。

 震災の時、仮説の時には大変お世話になり、生きて行くのがイヤになった頃、遠い仮設にお訪ね頂き、忘れる事が出来ません。でも早6年目を迎え、時のたつのが早いのに驚きます。その節には、大変お世話になり、あらためてお礼申し上げます。
 「どう見えるか」ではなく「どう生きるか」、この決心で、人生は決まる!!
 又、時間の有る時お出かけ下さいね。
 健康でお過ごし下さい。
(2000年4月7日)


  御元気でございますか。
 先日 突然「週末ボランティア」の小林さんがお出で下さいまして、大変嬉しく思いました。色々話をしたり、書類を見てもらったり、大助かりでした。早速、市の住宅課に電話しました所、来年から家賃も今まで通りとの事、安心致しました。
 今日、川本恵子さん、大西知明さんに先日頂いたお手紙の返事をやっと書きました。かみひこうきは、どこへ飛んで行くか、色々の所に行くので楽しみですが、だんだんペンを持つのが、たいそうになりました。
 最近は寒い日が続き、今日も雪が降っております。風邪等ひかない様、くれぐれも御自愛ください。又、時間のある時、お出かけ下さい。
(2000年2月27日)


大西 知明様
 お手紙ありがとうございました。年老いるとだんだん筆不精になり気にしながら とうとう今日になってしまいました。お許し下さい。
 とても嬉しくお手紙拝見しました。息子から来た様な気がしました。暫く風邪を 引いておりまいたが、すっかり良くなり元気もりもり毎日家事に、買い物に おけいこにとはりきって居ります。下手でも大きな声を出して詩吟を詠うのも健康方だと 思い又楽しみで週一回行って居ります。色々人生勉強もさせてもらって居ります。 東灘区から須磨まで行くのは大変ですが朝も早く起きるので、健康にも運動にもな ります。
 結婚して3年赤ちゃんがまだかなぁーーー。早産まれるといいのにねぇーーー。 かわいいよ。

 仮設の時には色々花も咲かせましたが、今は市営住宅ベランダでは思う様に出来ず 鉢植えにネギが植えてあります。春になると、じゃがいも、トマトを植えたいと 思って居ります。まだまだ元気、まだ78歳です。
 寒さもきびしい折柄十分に体を大切に、又お手紙下さいねーー。

 助言に耳を貸さないのは敗北の因
 賢く指計にするのが勝利の因
(2000年2月27日)


古川様
 12月5日付けお手紙を拝見致しました。お仕事、家事と忙しい毎日、大変だと思います。祖母様もお元気にお過ごしでございますか?12月にはとうとう風邪をひき、熱は出るわ咳くしゃみで大変なめにあいましたが、今では元気になり、家のことも少しづつ片づけています。1999年も無事に過ぎ、2000年の元旦が参りました。今年こそ良い年でありますように祈る心で一杯です。

 元旦は来る人もなく初詣に行き、一人でおぞうにを祝い、淋しいお正月でした。年老いると静かな日々を送りたく、久しぶりに自分を取り戻したような気がいたします。12月には家の大掃除、洗濯と目まぐるしくいたしましたが、今日はきれいに部屋も片づき、のんびりしています。散歩に行きましたが、街は寒々として人通りも少なく、たまに日の丸やかど松のあるのも侘びしい気がいたします。
 来週からはまた忙しい日々が続きそうです。まだまだ寒い日々が続きますので風邪等ひかないようご自愛下さい。またのお便りをお待ちいたします。
(2000年1月4日)


 罹災してから早5年がたちました。 当時の事を思うと何の希望もなく、呆然と暮らしておりました。 仮設が当たり、やれやれと思う間も無く病気になり、ボランティアの人や近所の人にお世話になりました。 4年ぶりに市営住宅が当たった時には、天にも昇る気持でした。
 最近元気になり、詩吟のおけいこも又、始め、毎日を楽しく過ごしております。 12月12日には遠路わざわざお出で下さいまして、有難うございました。 何のお構いもせず、 バタバタと申し訳ありませんでした。

 今日12月17日、サンテレビの大関さん、カメラの人がお見えになり、色々注文を付けられ、少々へこたれました。
 12月23日は詩吟の忘年会です。 又詠って、おしゃべりをして、1日過ごせそうです。色々楽しい話出て、新年会のことも考えておくとの事、嬉しい事です。年の暮れも迫って来ました。 今年もまた「かみひこうき」が飛びますように。待っております。
ではお元気でお正月をお迎え下さいね。 さよなら。
(1999年12月17日)


 先日は折角お電話を戴いたのに、お客様で大変失礼致しました。

 毎日バタバタと気ぜわしく過ごしております。最近兵庫区の歯医者に通っておりますが、11月中には終わりそうです。歯が悪いのもつらいもので、食事が思うように食べられず苦労しております。
 大分秋らしくなって過ごしやすい日々が続き、毎日散歩かたがた外出しておりますが、夏にあれだけ体が悪かったのが、今日この頃はとても元気になりました。色々ご心配かけて、すみませんでした。
 11月19,20日頃、少し遠出をしたいと思っております。9月頃からの予定で、その時には元気でおらねばと思っています。

 何かとお忙しいと思いますが、また暇を見てお兄さんお姉さん達と一緒にお出で下さいね。お待ち致しております。
(1999年11月3日)


 朝夕は涼しくなり、しのぎやすい日々が続くようになりましたが、皆様お元気でお過 ごしでございますか?

 先日は古川さんからのメッセージを戴き、有り難うございました。お返事も書かず失礼しましたが、よろしくお伝え下さい。最近は気候も良く、体調のほうも大分良くなり、時々出かけることが出来るようになりました。10月8日ポートアイランドでお友達と一緒にイタリア料理の食事をし、久しぶりに楽しいおしゃべりを長々とし、散歩もして一日を過ごしました。たまにはこのような楽しい日もあって良いと思 いました。
 毎日掃除、洗濯、食べると同じ様な日々を過ごし、たまには疲れると眠ることもあり、平凡な日を過ごしております。気候も良くなりお忙しいと思いますが、12月のあわただしいときがもう目の前にせまってきました。今の間に又一度お姉さん、お兄さんご一緒にお出かけ下さいね。

 なんだか取り留めのないことを書きましたが、近況をお知らせまで。またお便り、待っ ております。
(1999年10月13日)


 先日お出で下さいまして、随分長い日々が過ぎましたが、お元気でございますか。毎日ミンミンゼミが鳴き、暑さも毎日続きうんざりいたします。

 あれから色々あり、心配したり気を使ったり大変でした。3日も4日も泊まり客があり、疲れました。やっと少し落ち着き余りご無沙汰しておりましたので、お便り書いています。
 何から書いて良いか…8月初め、町内会の盆踊りがあり、久しぶりに夕方から2日間踊りました。とても楽しく、何もかも忘れて踊りました。芦屋浜で花火が上がるのもとても美しく、どんどん音がして大きな菊の花、しだれ柳…色々楽しみながら見ました。お天気も良く、空も晴れ大空に花火の舞う姿が、とても豪快でした。

 お盆には墓参りを済ませ、寺にもお参りして無事に過ごしました。焦らず、静かに黙々と生活していくと、又いい事もあると思い頑張っております。
 お時間のある時、お手紙下さいね。又若いお兄さん、お姉さんご一緒にお出で下さいね。
(1999年8月25日)


 お手紙を戴いてから一週間以上経ちましたので気にしておりましたが、歯が痛く、流動食ばかり食べながら頑張っておりましたが、さすがに疲れました。連休前から痛みだし、休みの間中ホッペをかかえながら過ごし休み明けに歯医者さんへ飛んで行きました。悪い病気でなく安心しました。この頃では少し食事も出来るようになり、相変わらずあわただしい日々を送っております。今日は日曜日で少し時間が出来、やれやれと思ってこの手紙を書いております。
 家にいると運動不足になり、お腹も体も調子が悪くなるので、つまらない用事でも無理につくって出かけるようにしております。毎日お天気が良いので気分良くマイペースで歩いております。

 お手紙を書きかけ、ひと休みして今朝は5時に気分良く目が覚めました。今日もあわ ただしい一日になりそうです。ではお元気でお過ごし下さい。またお便り書きます。
(1999年5月16日)


 先日はお忙しい中わざわざご足労いただき、ありがとうございました。お土産まで 戴き、楽しみながらおいしく戴きました。ありがとうございました。
 毎日何となく用でおわれ、あわただしくして過ごしております。何年かぶりに瀬戸 内海のおのえ温泉へ一泊旅行に出かけましたが、元気そうに見えても年には追いつけ ず、あわただしい毎日の中でつかれておりました。

 今日は頑張って家中の大掃除をしました。気持ちがすっきりして今お手紙を書いて おります。ラジオは田端義夫の「かえり船」がかかっております。明日からまた忙し い毎日が続きそうです。病気をしながら病気に負けず頑張っていきます。また、詩吟 の稽古も始めました。調子が悪いので電気にも通い始めました。大分生活が整ってき たように思います。でも洋間が片づいていないので、まだ一仕事あります。何があっ ても気持ちは前向きに生きたいと思っております。

 今度お出かけ戴くときは、若い皆様ご一緒にお出で下さいね。楽しみにお待ちして おります。また、お便りいたします。体を大切に無理等しまいよう、ご自愛下さいね。
(1999年4月25日)


 待ちに待ったお手紙有り難うございました。大変嬉しく拝見致しました。

 引っ越してから寝たり起きたりで、部屋も引っ越した時のまま何もしておりません。近所もお隣に行っただけで、よく分かりません。来る人もなく一人話し相手もなく、仮設のような訳にはいきません。何となく騒がしく、でも静かな土のある仮設での生活が懐かしく思い出されます。仮設の時の近所の方、お友達等から電話がかかってくるのが楽しみです。
 市営住宅の6階はとても寒く、毎日ストーブを入れないと過ごせません。桜もそろそろ咲き始め、暖かくなったら是非お出かけ下さいますよう、お待ち致しております。
 色々の事があり、詩吟も4ヶ月お休みしておりますが今週は久しぶりにお稽古へ行ってみようかなと思っております。

 ご都合の良い時、またお出かけ下さいね。お待ち致しております。風邪等引かれないよう、御自愛下さいね。
(1999年3月23日)


 お元気でお過ごしでございますか。お手紙戴いてから気になりながら、肺炎で長い間寝ておりました。全快しないまま引っ越したため、疲れが出て又寝てしまいました。
 長い長い仮設住宅住まいから解放されて、ヤレヤレと思う気持ちです。新しい家は仮設と違い、随分と広いので助かります。引っ越したままで整理も出来ず、寝たり起きたりですが息子がよく手伝ってくれるので助かっています。折がありましたら、又お出で下さい。来る人もなく、毎日淋しく暮らしております。
 色々書きたいことがあったように思いますが、夜も遅くなったので又の機会に致します。とりあえず転宅のお知らせまで。今後共よろしくお願いいたします。
(1999年3月10日)


 長い間ご無沙汰致しました。先日は色紙を送って戴き、有り難うございました。昨年の色紙も置いてあります。いつもお心にかけて戴き、嬉しく思います。
 矢萩様も風邪を引かれたのかと思い、心配しておりました。私も風邪を引き、熱は高いし咳も出るので大変でした。今日で1週間寝ております。お医者様からは良く食べて良く寝なさいと言われそうしたので、だいぶ良くなって来ました。

 家の方も昨日通知が来て、今月23日に三宮へ鍵をもらいに行く事になりました。色々御心配をお掛けしましたが、これで私もホッと出来ます。仮設は12日から取り壊しをしていて落ち着きません。1日も早く出たいと思います。
 書く事がたくさんあったように思いますが、疲れたので又に致します。
(1999年2月14日)


 ご無沙汰しております。市営住宅が当たってから何となく落ち着かなくて、家の方も引っ越しの用意もせず毎日出歩いております。2月末に通知が来てからでも間に合うと思い、何もせずバタバタしております。今日も電気を掛けに行き、多満津のお湯へ行きました。帰ってきてからすぐお洗濯をして1日暮れました。
 今日は小さい孫のお誕生日で、お祝いを送りました。満7歳になりました。学校も4月からは2年生になります。この間生まれたと思っていたのに、早7歳になりました。早いものですね……。
 明日は30年前からの友人の所(明石)へ遊びに行ってこようと思っております。罹災後初めて会うので、とても楽しみです。お互いに年老いたと思います。
 16号棟の人が顔を見る度に「足が痛い。うずく。歩けない」と愚痴ばかり言われるのにはウンザリします。私も足が痛く、歩くことも座ることも出来なくても、一生懸命自分でリハビリをして今ではすっかり治りました。

 気の向くまま近況を少し書いてみました。アメリカのお姉さん、お元気かなー。お勉強忙しいのかなぁ―よろしくお伝え下さい。
(1999年1月23日)


 先日はお手紙有り難うございます。嬉しく拝見致しました。

 今日は嬉しいお便りが出来ます。長い間ご心配掛けた家の件、12月19日市営住宅が当たりました。この仮設には100軒ありますが、私を入れて4軒しか住んでおらず毎日が淋しさと怖さの日々を過ごしておりますが、少し落ち着きました。来年3月初めには引っ越し出来そうです。
 新しい市住は東灘の青木南という所で、阪神電車青木駅のすぐ南側の14階建てのビルです。これからは何かと忙しくなる事と思います。12月も押し迫り、お正月も目の前に来ました。何かとお忙しいと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

 どうぞ体に気を付け、元気で良いお正月をお迎え下さいますようお祈り致します。又お便り致します。さよなら。
(1998年12月21日)


 暫くご無沙汰致しております。11月は近所が次々と引っ越し、何となし落ち着かない日々が続きました。100軒住んでいた仮設も私を入れて4軒になり、本当に淋しく夜など一歩も外出せず、部屋に引きこもっております。
 今日は少ない人員でしたが、ふれあいセンターでお茶会をして戴き保健婦さんも見えて、血圧等測って戴きました。風邪を引いていたので心配しておりましたが、異状なかったので安心しました。

 気分的に少し落ち着いたので、今日は久しぶりにお手紙を書く気になりました。相変わらず大声を出して詩吟を詠っております。訪問してくれる人もなく、大声でも出さなければ毎日がやり切れません。用事を作っては外出するよう努めております。今日も電気治療に行って来ました。
 12月6日(日)、須磨の「つきみ草会」から早々にクリスマスパーティーの案内状が来ました。1日楽しんでこようと思っております。12月13日は樫野台福祉センターでお餅つきがあります。野菜等も安売りして下さるとの事で、楽しみにしております。
 12月は何となく落ち着かない日々が続きそうですが、18日を過ぎると静かに過ごせそうです。家の方も12月中頃に返事が来るとの事。当たるように祈る気持ちです。常日頃、あまり気にしないようにしておりますが心配です。

 最後になりましたが、矢萩さんも元気でお過ごしでございますか?。お正月には又かみひこうき飛んでこないかなぁ……。
 では、お元気でお過ごし下さい。又お目に掛かれる日を楽しみにしております。
(1998年12月1日)


 昨日は突然のご来宅、とても嬉しく思います。まさか矢萩さんにお目にかかれるとは夢にも思っていなかったので、すごく興奮して何をお話ししたのか…色々お話ししたように思います。入口の前で上がっても戴かず、お疲れになりましたでしょう。大変失礼致しました。後で後悔しました。お忙しい中、本当によく来て戴き、感謝して居ります。これに懲りず、又の機会にお出で下さい。若いお兄さん達にもよろしくお伝え下さいね。

 昨日は須磨の自治会館でお誕生会をしてごちそうを戴き、歌って踊って大騒ぎをしてきました。家に帰ると兄から松茸を送ってきたので、大喜びでした。そこへ矢萩さんがお見えになり又又大喜びで、10月31日は私にとっては最良の日でした。淋しい日々の中、こんなに嬉しい日もあるかと思うと、元気が出てきます。
 秋晴れのお天気、お月様も煌々と照り、心静かに手紙を書いて居ります。こんな時には住宅の事を忘れ、楽しかった事嬉しかった事など思い出しながら、今日も静かに眠れそうです。

 明日、又難しい勉強会があるので頑張ってきます。矢萩様も無理をせず、身体を大切にお過ごし下さい。
 では夜も遅くなりました。おやすみなさい。
(1998年11月1日)


 お手紙とても嬉しく拝見致しました。遠くアメリカからかみひこうきが飛んできて、思わぬ気持ちで読みました。一人で暮らす淋しさ、遠くアメリカのお姉さんが心配して下さるのかと思ふと、早く立ち直らなくてはと勇気が出てきます。
 住宅の方も、近所が今年中に皆転宅して私一人が残りますが、負けずに頑張っていく気になりました。きっと私も住宅が当たると決めて居ります。春が過ぎ、夏が過ぎ秋が来ました。一人静かに暮らしていくのも又いいものです。外出も時々致します。思い切りハネを伸ばして色々の人と出会い、楽しい一日を過ごして来ます。

 今日は久し振りのお天気、かみひこうきから送っていただいた花の種は折角植えたのに、時季外れで小さな花しか咲かず残念です。先日は自治会で「しあわせの村」へ連れて行ってもらいました。一日中温泉に入ったり、お弁当をいただき、カラオケを歌って楽しく過ごさせていただきました。
 木曜日は詩吟のお稽古。早7年も経ちます。何時も先生の横に座り、厳しい指導をいただいております。お陰様で大分上手になったように思います。お姉さんにも一度聞いて欲しいと思います。年を取ると何か楽しみを持たなければと思い始めました。
 色々と書きたい事言いたい事がいっぱいあるような気が致しますが、又の機会に致します。何時もかみひこうきの矢萩様には色々親切にお世話になって居ります。今後共何分宜しくお願いいたします。
(1998年10月24日)


 毎日の長雨、うんざりして居た今日此頃、久々振りのお天気にめぐまれ、お洗濯物をどっさり、気持良くかわきました。暫く御無沙汰して居りましたが、御元気でしょうか。サルスベリも大風で横たおしになり、どうなることかと思って居りましたが、今日10月1日晴れたので、又元気を取りもどし、すくすく生長して居ります。
 今日は、先日小林さんから戴いた市長あてのお手紙書きました。最後の最後まで恒久住宅があたらず、今だ行き先も無く、近所は皆今年中に転宅して行きます。1人取りのこされ、本当に淋しい生活になると思います。でも、かみひこうきが又飛んで来ますよね。年老いると体の調子が悪くなり毎日電気を掛けに行くのが1つの日課になって居ります。今日は久々振りのお天気、洗濯物も気持良くかわき、西区役所まで行ってきました。淋しくなるとかみひこうきにお手紙書きたくなります。
 空を見上げると、キレイなお月様が出て居ました。明日も晴れるかなー。小林さんがお見えになった様に矢萩さんも一度おいでにならないかなー。一度お目に掛って見たい……。夜もおそくなったので又お便り致します。おやすみなさい。
(1998年10月2日)


 お誕生日もすみ、早や敬老の日となりました。唯1人話し相手もなく祝ってくれる人もなく、淋しい1日でしたが、「かみひこうき」からのお手紙読んで居ると、10年も前からお付き合いして居る様な気がしました。何時も色々お気づかい戴き嬉しく思います。ここ20日程、体調悪く、寝たり起きたりの日が続いて居ります。住宅の方も思ふにまかせず、今だに行く先もなく、くらい気持で居る時、週末ボランティアの小林さんが2度目の訪問をして下さいました。色々相談して下さいました。住吉台は、駅から2km位有り、登り坂で裏はお墓になって居る等くわしくおしえて下さいました。体の弱い私にはとてもこんな所に行けるはずがなく、キャンセルしようと思って居ります。
 先日送って戴いた千日紅がたくさん芽が出て今は20糎位にのび葉もくきが赤く、いきいきと生長して居り、朝夕水を上げる時、早く大きくなって花を咲かせてね、と声を掛けます。朝顔ももう終りになりました。日輪も1本だけ花を咲かせております。仮設に住んで居ても住宅の事や色々の事で気苦労も多いです。相談相手もなく1人気ばかりあせって体が思ふ様に動かない時、かみひこうきを思い出します。又ヒコウキとんでこないかな……。
(1998年9月15日)


 暫く御無沙汰しております。血圧が高い方が82、低い方が50に下がり、寝込んでおりましたが、今日は嬉しいお便りが書けそうです。

 兵庫県警察音楽隊が、仮設に演奏に来て下さいました。久しぶりの生の演奏を聴き、婦人警官の踊りを見せてもらい、気持ちも晴れ晴れとして1時間、時間の経つのも忘れ、夢中で聴きました。とても楽しく、若い隊員さんの演奏は素晴らしかったです。
 私が寝込んでいる間に、近所の奥さんがひまわりの写真を写して下さいました。こんなに立派に咲き、見る人が皆「美しいね」とほめてくれました。仮設にこんな大きなひまわりが咲くと皆が楽しい。通る度に「今日いくつ咲いているかな」と数えます。朝顔もプランターに7本植えましたが、1ヶ月ほどは毎日70から80くらい花を咲かせ、皆で「今日はいくつ咲いた」と数えるのが楽しみです。この頃は20〜30くらい咲いております。ピンク、紫、白と朝、入口を開けるのが楽しみです。
 先日送っていただいた千日紅(何と読むのでしょう)の種を早速プランターに蒔いたところ、今3糎くらい芽が出ております。もう土もなく、蒔く所がないのでせっかく種を送っていただいても、どうしようもありません。

 市営住宅がまだ決まらず、最後まで仮設にいるような気がして心細く思います。今日、週末ボランティアの方が、何か置いていったので、よく見ると「かみひこうき」で嬉しくなりました。何も言わず、置いて行かれたのですが、40歳くらいの男の方でした。
 書きたい事は一杯あったのですが、夜も11時になりましたので、これで失礼致します。またお便り致します。おやすみなさい。
(1998年8月30日)


 梅雨も明け、本格的な真夏になって来ましたね。其の後暫く御無沙汰して居りましたが、皆様御元気でございますか。私も血圧が上が92に下がりフラフラして居りますが、先ず先ず元気で居ります。先日送って戴いた朝顔と日輪の種、家の前に植えた所、朝顔は毎日30〜40位うす紫の色と紫のしまと、満開に咲き、朝、数えるのが楽しみです。朝夕水を上げると、さも嬉しそうに、葉がいきいきとしてとても喜んで居る様に見えます。日輪も6本芽が出ましたが、特に2本が大きくなり、2米位の高さになり親子孫と、次々に咲き今は14花が咲き散歩の時に、大きくなったね、たくさん花咲かせてね、と声を掛けて上げます。他の4本も1米30位になり、そろそろ蕾もつき始めました。大きな花が咲き、皆、感心して居ります。

 住宅の方も相変わらず、入居する所がありません。何時まで仮設に居るのかと思うと気持ちもしずんで行きます。今日は少し気分が良いのでお手紙書く気になりました。8月8日で私も満76歳になり、昔で言えば、喜の字の祝になります。50歳までしか生きられないとお医者さんに言われていた私が76歳まで生きるとは夢にも思って居りませんでした。「かみひこうき」の皆様にやさしくして戴くと、年老いた為かとても嬉しく、毎日ポストをのぞいて、お手紙来るのを待って居ります。又、お手紙下さいね。暫く寝込んで居たので、お手紙おそくなってすみません。
(1998年8月3日)


 お手紙とても嬉しく拝見致しました。毎日うっとうしい日が続き、体も弱り勝ちですが、お手紙頂き元気が出ました。

 今日は嬉しい事に娘婿が来てくれ、一緒に食事に行き、とても楽しかったです。自治会からお弁当も頂きました。電話で色々お話ししてもらい、胸のつかえが下りたような気がしました。月3回の詩吟も6年余りお稽古しておりますが、いつも先生の横に座り、厳しい指導を受けているのでこの頃少し上手になったように思います。
 先日送って頂いたひまわりの種、仮設の入り口の所に植えたところ、私の背丈位に大きくなり、つぼみも小さいのが出来ております。大きな花が咲くのが楽しみです。発泡スチールロールの箱にジャガイモ2本を植えていたのを、今日取ってみたら大きなのが10個も取れ大喜びしました。
 毎日電気を掛けに行っているので、足も大分丈夫になりましたが、先日雨降りの時にコケてお尻と頭を強く打ち、1週間ほど寝込みましたが、もう大丈夫です。杖も突かなくなり、一人ポツポツと歩くようになりました。色々ご心配掛け申し訳なく思う反面、とても優しく言って頂くのが何よりも嬉しく思います。

 住宅も残念ながら、また当たりませんでした。もう何の希望もありません。
 T.C様よりお手紙を頂き、嬉しく拝見しました。まだ23歳の若い方ですが、寮母さんをしているとの事、偉い方だと思い、これからもお付き合いしたいと思っております。ありがとうございました。さようなら。
(1998年6月30日)


 新年明けましておめでとうございます。

 かみひこうきからのおし絵の色紙ありがとうございました。心あたたまるおし絵、何時までも眺めておりました。淋しいお正月、初日の出を見に行き、初参りをして3が日を過ごしました。する事もなくただ茫然と日が過ぎ行き、気が付くと死を憶えておりました。近所は市営住宅が当たり、次々と引っ越していく中、一人取り残されたような気がして、何とも言えない気が致します。

 体の弱い私は、板宿まで気晴らしのつもりで毎日電気を掛けに行き、出来るだけ人との会話もするように心掛け、気分的に大分元気になりました。早く家の中の整理をしなくてはと思いつつ、一日伸ばしになかなか出来ません。かみひこうきのように遠くへ飛んで行きたいと思います。時々ボランティアのお姉さんが元気な声で「こんにちは。お元気ですか」と顔を見せて下さるのが何よりも嬉しく、忙しいのは分かっていても、つい色々相談したり、話し込んだりしています。震災の恐ろしさが今も忘れられず、お姉さん方の顔を見ると何とも言えない嬉しさがこみ上げて来ます。

 一人ぼっちの淋しさに負けず、元気を出して頑張ろうと思いますが、体がなかなかついて行きません。でももう死を憶えません。負けるものか、100才までも生きて行くんだ!!。

 またお便り下さいね。楽しみに待っております。
(1998年1月7日)


 仮設に入れてもらい有り難いと思っておりましたが、皆様次々と引っ越され、今はとても寂しく1日中家に居る時が多くなり、出来るだけ外出するように努めておりますが、夜になると一人暮らしの淋しさが身にしみて、寝られない夜も多くなりました。時々自殺を考える時もあります。元住んでいた須磨に一日も早く帰りたいと思います。何回住宅を申し込んでも、外ればかりで悲しい思いをしております。一日も早く須磨に帰り、お友達と仲良く暮らしたいと思います。

 今は自治会の会長さんが、何かとお世話して下さいますので、それだけが嬉しく思っております。

 外国ばかり助けないで、足元の日本の国民をもっと大切に、困っている人を助けてほしいと思います。

 私はともかく須磨に帰りたい。須磨の松風町に帰りたい。お願い致します。
(1997年7月31日)






光岡 トミさんへ届いた『かみひこうき』



1.永田雅人(Wally)さん

 初めまして、私は阪神・淡路大震災でボランティアの世界に迷い込んだ者です。あれから年に3回程神戸に出かけています。
 毎回出かける度に、神戸の移り変わりと変わらぬものを感じて関東に戻っています。
 本来変わらなければならないものが変わらなくて、変わらないで欲しいものが変わってしまう・・・このもどかしさを感じながらも、私はまだまだ皆さんと語ったり遊んだり、時にはイベントを起こしたりしたいと思います。
 ですから、今後ともども「遠くの隣人」としてよろしくお願い致します。
(1997年11月18日)

2.矢萩千治(かみひこうき)

拝啓 日本列島がすっぽりと梅雨前線におおわれ、うっとうしい日が続く今日この頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか。
 さて、先日は夜分に突然お電話して大変失礼いたしました。「かみひこうき」用紙を同封いたしましたので、またお手紙をお寄せ下さい。公営住宅当選の喜びの声をお送りいただければ幸いに存じます。
 光岡様とは、電話でお話できて本当に良かったと思います。喜んでいただけて本当に嬉しう存じます。「声が若い」とおっしゃっておられましたが、喜んでいただけたのでついつい声が弾んでしまったようです。本当の年は36なのですが、こちらも若返らせていただきました。ありがとうございます。月3回の詩吟、本当に楽しみですね。人はたった一つでも楽しみがあれば生きて行こうという気になるものですよね。がんばらなくても百まで、いやそれ以上生きていけると思いますよ。今、杖をつかずにゆっくり歩かれておられるとのことですが、これからの人生もあせらずゆっくり歩んで行っていただきたいと思っています。
 しぱらくは梅雨が続きそうですが、歩かれるときはお足元に気を付けて、お体を大切に、お元気でお過ごし下さい。
 住宅に当選されて「かみひこうき」が飛んでくることを祈っています。 敬具
(1998年6月24日)

3.山田みきさん

 光岡さん、はじめまして、私は今アメリカの大学に通っている山田みきです。仮設住宅のことを学校の課題で調べています。皆さんのメッセージを読んでいて、人事にはなっていられないほどの気持ちになるました。遠く離れていますが、私になにか出来る事があればいってください。お役にたてたら嬉しいです。よろしければお返事ください。
(1998年10月19日)

4.古川飛祐(埼玉県)さん

 こんにちは。1月〜3月のかみひこうき拝見しました。お身体の具合はいかがですか?。詩吟をやっていらっしゃるなんてすてきですね。漢詩には美しいものがたくさんありますね。私が読んだことのある詩はごくわずかですが、これからたくさん読みたいと思っています。それではまたお話ししましょう。
(1999年8月22日)

5.古川飛祐(埼玉県)さん

 こんにちは。10月13日付のかみひこうき拝見しました。私のメッセージを受け取っていただけたこと、嬉しく思いました。
 10月8日には、お友達と楽しい1日を過ごされたとのこと、本当に良かったですね。その前、8月にはすてきな花火と盆踊りがあったのですね。大きな花火の色、音、光岡さんの踊る姿が見えるようです。
 祖母が留守の時は私が家事をするのですが、掃除、洗濯、台所の片付け等…その合間に食事となると、あっという間に夕方になってしまいますね。今日もちょうど祖母の毎日の様子を振り返りつつ、そのような1日を過ごし、日が暮れたところでこうして書いています。光岡さんが平凡な日とおっしゃるのも、とてもよく分かる気がします。普段は週5日仕事へ行き、休日の2日間はやることがいろいろとあるものの、特別なことというのは滅多に起こりません。こういう私の生活も、いわゆる平凡な日々なのでしょうね。そこに時々、美しく素晴らしい出来事が起こる。私の考えでは、平凡な時を大切に生きられる人ほど、人生を愛せるのだと思います。
 12月に入り、あわただしくなりました。木々の葉がずいぶんと落ち、紅葉に隠れていた常緑樹が際だってきました。そちらも同じような景色が見えるでしょうか。細長い日本列島の中で、離れていてもお手紙で光岡さんを身近に感じることができます。文字から、お声が浮かび上がってくるようです。そちらのお天気、空の様子、空気…たくさんの人が感じていますように。
 寒くなりましたが、風邪をひかれていませんか?。年末年始はめまぐるしいものですから、十分に休養を取りながら過ごして下さいね。またお話ししましょう。
(1999年12月5日)

6.川本 恵子(仮名:神戸市)さん

 こんばんは。始めまして、たった今、テレビのご出演を拝見いたしました。すぐ、コンピュータを立ち上げ、ホームページを探しました(お名前が仮名になっていたので、光岡様へのページの確認に、少々時間がかかりました。。。。。)。
 私は結婚と同時に住み始めた、東灘区深江のマンションで被災し、震災後に灘区に移ってきました。ただ、私は、子供のころは、灘区で育っておりますので、戻ってきたようなものですけれども。。。私の両親、主人、娘(小学二年生)の5人家族です(あっ、ウサギと熱帯魚もおります)。
 去年、永年勤めました会社を円満退職しまして、昔からの夢でありました、介護ホームヘルパーになる勉強をしております。少しでも、何かのお役にたてれば、と思い、お手紙いたしました次第です。
 お近くですので、もし、よろしければ、お会いしてお話でも出来ればとも思います。これからも、末永く、おつきあいさせていただければ嬉しいです。
 今日は、比較的暖かでしたね。これから、寒い北風が吹き始めると思います。お体には十分、ご自愛くださいませね。
(2000年1月17日)

7.神木佐知子(仮名:神戸市)さん

 こんばんは。「かみひこうき」さんには、はじめて メールをおくります。
 先日、サンテレビを見ていると、懐かしい光岡さんの姿をみつけました。お元気そうで、とても顔色もよく、いきいきされて いるようにお見受けしました。仮設のころより、一段と若くなったので は?。こちらのことも忘れずに時々、遊びにきてくださ いね!(ちょっと遠いけど・・・)。
 また、メールをおくらせていただきます。
 これからまた寒さも一段と厳しくなるかと思います ので、お体だけは大切にしてくださいね!またお会いできる日を楽しみにしています。
(2000年1月17日))

8.大西 知明(仮名:神戸市)さん

 はじめまして、同じ神戸在住の大和と申します。38歳で、コンピュータ関係の仕事をしております。
 サンテレビの放送で、元気でお過ごしのお姿を拝見し、お話しができればなぁと、突然ですがお手紙を書かせて頂いております。
 我が家も、住居が六甲だったため、一部損壊で、住居は無事でしたが、母が、長年営んでおりました、喫茶店が海沿いにあり、全壊してしまいました。
 母も高齢のため、仕事をやめるいい機会だったのですが、20年以上の商売をたたむのは、無念だったみたいです。
 お正月は、少々さみしかったとのことですが、光岡様の文章を読ませていただくと、逆に私などが、元気づけれるくらいです。私も、約3年前結婚し初めてマンション暮らしを始めましたが、近所つきあいがなく、妻も遠方より嫁ぎ、二人して、 妙にひっそりとしてしまう毎日です。たまに挨拶を交わす方もいるのですが、なかなかそれぞれが孤立しがちなムードになってしまいます。
 そんな中、「かみひこうき」を拝見し、なんだか救われた気がし、お手紙を書こうと思い立ちました。これからも、光岡様の元気な毎日を綴る文章を、楽しみに拝見させて頂きます。いろんな花を、たくさん咲かせてくださいね。
 取り急ぎご挨拶まで、お手紙させていただきました。お体にお気をつけて、元気で素敵な文章をお書きください。
 心より応援しています!。
(2000年1月18日)

9.古川飛祐(埼玉県)さん

 こんにちは。お手紙ありがとうございます。風邪をひかれて、大変でしたね。熱が出ると、動くこともままなりません。お元気になられ、何よりです。今は、私の方が風邪の真っ最中ですが、軽い症状で済んでいます。読書や歌を控えめにしています。1週間前の休日に、部屋の片付けを済ませてあったので、のんびり過ごしています。週の半ば、光岡さんからのお手紙を受け取り、どれほど嬉しかったことでしょう!!
 毎年、1月の20日を過ぎると、元旦から、ずいぶんと長い時が経ったように感じます。年が明けてから、2度 雪が降り、梅は咲きはじめたところもあれば、同じ川越市内でも、まだまだ蕾が堅い木もあります。私が気に入っている木は、他の場所に遅れて咲きます。毎朝、通勤時に枝を見上げます。何年もそうしていると、木の方も、私を知って、親しみを持ってくれているのではないか、そうならばいいな、と思いつつ。農家と田畑が並ぶこの道が、とても好きです。多くの人との出会いと別れ、語り尽くせない思い出が、静かに眠っています。
 時々、別の道を歩くと、思いがけず、見事な木、きれいな花、気持ちの良い日だまりを見つけます。先日、歩いていてふと目をあげると、先の方に、金色の線が見え、思わず声をあげました。満開の、菜の花畑だったのです。陽光の中、神の庭園のように、光り輝いていました。そばを通る時、今度は、その香りに、うっとりしました。よく知っている香りです。小学校の花壇で、見慣れていましたから。10年後、こんなにも新鮮な感動をこの花からもらうとは、思いもよりませんでした。
 確かにこのお正月は、2000年問題の影響もあるでしょうが、ひっそりとしていたように思います。いつも同じところに立つ門松も、見当たらないので、不思議に思っていたのです。
 光岡さんにとって、良い1年になるよう、心からお祈りしています。お体を大切になさってください。また書きます。
(2000年1月23日)


光岡さんへ『かみひこうき』を送る

手紙の一覧へもどる


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO